大田区の接骨院は四元鍼灸整骨院グループへ
HOME>治療法

| ぎっくり腰 |

腰椎の損傷によるぎっくり腰

腰椎を損傷してぎっくり腰になっている場合は、背骨と腰の部分に痛みが起こるのが特徴です。
この腰椎の損傷によるぎっくり腰の原因としては、高いところから落ちたり、交通事故や激しいスポーツなどが主な原因になります。
高齢の方ですと、骨自体の強度が少なくなって(骨粗鬆症など)いる場合に、尻もちをつくなどのことでも損傷してしまう場合があります。