大田区の接骨院は四元鍼灸整骨院グループへ
HOME>治療法

| ぎっくり腰 |

ぎっくり腰の原因について

ぎっくり腰は、突然激しい痛みに襲われることで知られています。
ぎっくり腰を引き起こす原因としては、重いものを持ち上げたりなどの負担によって引き起こされる場合や、同じ姿勢を長時間とっているために疲労によってぎっくり腰が起こりやすくなってしまう場合とがあります。


激しい負荷が原因の場合

これは重いものを持ったりなどの負荷によって、ぎっくり腰が誘発された場合です。
一般的に、肉体を酷使するようなハードワークの方に起こりやすいのですが、このような方は日々の負担に耐えられるように筋肉なども発達しているので、ぎっくり腰になりづらいという特徴もあります。
また、ぎっくり腰の割合から見てみると、この負荷によって誘発される場合はあまり多くありません。


同じ姿勢が原因の場合

これはデスクワークの方や、車の運転などが長時間に及ぶ方などがあてはまります。
このような場合ですと、座ったままという状態が長時間に及んでしまい、腰への圧迫もかなりのものになります。
この腰への圧迫が続いてしまうと、血の流れが悪くなるばかりでなく、椎間板などが損傷してヘルニアになってしまう場合もあります。
また、この圧迫が原因になっているぎっくり腰も意外と多いです。